BLOGブログ

2021.07.09

柿の実、剪定次第で毎年収穫できます!

お庭のこと

こんにちは、ガーデナーシップ佐藤です。

梅雨のこの時期、空模様は相変わらずグズついたお天気が続いておりますね。このようなときには、現場が中々進まない為、お客様には申し訳ないのですが、雨が上がったタイミングを見計らって、少しづつ現場を進めさせていただいております。

毎年実のなる剪定とは何か?

(写真左:剪定作業中  写真右:切り取った枝の数々)

私が毎年、この時期に剪定管理をさせていただいております柿の木で、高さが6〜7mある古い木です。今年も剪定管理のご用命を賜りましたので、作業に伺わせていただきました。

皆さまも聞かれたことがあるかもしれませんが、柿の木でよく言われていることとして、「柿の木は、一年おきにしか実を付けない」というお話があるのですが、この理由をもう少しちゃんと紐解いてみると、実は「柿の実は、2年目の枝に実を付ける」という特徴があるのです。

そこで、その特徴を活かした剪定方法で管理をしてあげると、柿の木は毎年実を付けてくれるので、収穫も毎年楽しむことができます。右側の写真でもお分かりのように、この柿の木は、毎年これぐらい多くの枝を切っております。

具体的な剪定方法は?

(写真左:剪定作業後  写真右:今年実った柿の実)

柿の木の特徴を抑えながら、且つ、樹形も乱さずに自然な感じで剪定する方法・・・、そんなうまい話は無いように思われてしまいそうですが・・・、「柿の実が2年目の枝に実を付ける」ということは、「今年の春に出てきた新芽が年をまたいで、その枝に来年の実を付ける」ということですので、新芽は残しつつ通気と日照を考慮しながら、昨年以前に伸びた枝に手をつけて、古い枝と新しい枝を差し替えるという考え方で、枝を更新してあげると期待に答えてくれると思います(^^)。

実際、柿の木は大きくなるので、剪定には危険も伴うため、上手に剪定をされるのは難しいかもしれませんが、考え方だけでも参考にしてみていただけると嬉しいです。

ガーデナーシップのご案内はこちらから

本格的なイングリッシュガーデンをお探しなら、ガーデナーシップ にお任せください。

ガーデナーシップへのご相談は、樹木一本、バラ一株からお庭の工事、どんなお悩みでも大丈夫です!
お見積は無料です。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

Article written by 佐藤 光太朗

お客様の想いに寄り添い、安心、安全な設計を提案できるよう常に心がけてまいります。

スタッフ紹介を見る

関連タグ

「お庭のこと」に関する記事はこちら

2021.10.29

秋の装い

お庭のこと

関連タグ:ミカン
2021.03.21

シャクヤクの移植

お庭のこと

関連タグ:
2021.03.02

春先のお手入れ

お庭のこと

関連タグ:剪定

CONTACT
お問い合わせ

CONTACT
お問い合わせ

ガーデナーシップでは、お客様のお声に
丁寧に耳を傾け、安全で無理のないデザイン。
お客様のお気持ちと一体感のあるご提案を、
常に心がけております。
樹木一本、バラ一株のお悩みから承っており
ます。
お見積は無料です。どうぞお気軽にお問い合
わせください。

お電話でお問い合わせ

045-949-1590

受付時間:09:00~18:00
定休日:木曜日

メールでお問い合わせ

CONTACT FORM

24時間受付

PAGE
TOP